毒蝮隊長、空を飛ぶ その弐

旅行とクルーズが大好きです。

【ちょっと脱線-02】日本語デスク 2016-日本着セレブリティ・ミレニアム

今回のクルーズは日本人コーディネーターが乗船してました。

 

今までも日本人コーディネーターが乗船するクルーズに乗ったことがないので(日本発着は除外)どんなサービスを受けられるのかは不明。
(ロイヤルカリビアンのカリブ海・地中海ともに乗船後の日本語説明会が終わるとコーディネーターさんは下船してました)

 

日本人コーディネーターのサポートが受けられるのは、日本の代理店で予約した人だけ
クルーズブラザーズで予約したアタクシたちは対象外です。

 

いつも必ずデッキプランが印刷された紙を持ってきているのですが、今回うっかり忘れてきてしまい、初めての船なのでどこに何があるのかがよくわからず困った。。。


もしかして日本語デスクにあるかな?


わたしたちはサポート外なので、日本語デスクの場所などの案内は一切もらってないのですが、多分あそこだろうなと当たりをつけて行ってみると、やっぱりありました。

 

f:id:dokumamushi-taicho:20170620223724j:plain

日本語デスクはカンファレンスセンターの前に開設されてました。


反対側には中国のツアーデスクがありました。
釜山寄港後は、同じ場所に韓国のツアーデスクも開設されました。

 

日本語デスクは無人でしたが、来年の日本周遊クルーズのパンフレットが置いてあったので、無事デッキプランGET!
(パンフレットの中にデッキプランもあります)

f:id:dokumamushi-taicho:20170620224013j:plain

 

日本語デスクには、パンフレットの他に日本語の船内新聞(簡易版)も毎日置いてありました。
デスク横のボードには、注意事項なども書かれてました。

 

日本人コーディネーターさんは、スタイルがよくてきれいな女性でした。
(行動パターンが一緒なのかビュッフェやその他の場所でも頻繁にお会いしました)

 

来年(もう今年ですが)の日本周遊クルーズの宣伝用なのか、船内のあちこちでカメラマンとモデルさん?(プロのモデルさんって感じじゃなかったけど)を連れて動画や写真撮影を行ってました。

 

カリブ海や地中海の日本人コーディネーターさんは、現地の日本人とコーディネーター契約してる感じ?でしたが、今回の日本人コーディネーターさんは、ミキツーリストから派遣されてきてるのかな?って感じの方でした。


現地契約のせいなのか、カリブ海のときのコーディネーターさんは、かなり詳しかったけど、地中海の時のコーディネーターさんは臨時なのか資料を読み上げるだけな感じの知識に乏しそうな方でした。
(乗客から質問されたことをアタクシに確認するなんて場面もありました(笑))